バイナリーオプションは稼げるのか?投資家から見るバイナリーの可能性について。

 

天野です。

 

 

いつも当ブログにアクセス頂き、誠にありがとうございます。

 

 

私が取り上げる無料オファーでは

「投資」というジャンルにおいて、主にバイナリーオプション関連の高額塾やツール

ノウハウを取り上げてレビューするのですが

 

 

そのどれもがネットビジネス初心者や情報弱者をカモにするような販売方法で販売され

実際の中身は「再現性の低い陳腐なノウハウ」である事がほとんどです。

 

 

私自身、投資家としての活動も行っている身として

こういったネットビジネス業界に蔓延る「投資」というもの

特にバイナリーオプションについては、あまり良い印象がありません。

 

 

「楽して稼ぐ」という事をイメージさせるランディングページで

まさに”誇大広告”が満載の状態でオファーされているものが

そのほとんどだからです。

 

 

ですから、今一度

私の方でも「バイナリーオプションは稼げるのか?」という事をテーマに

投資家から見るバイナリーオプションの可能性についても

述べていこうかと思います。

 

 

最初に言っておくと

私はバイナリーオプションは実践しておりません。

 

 

なぜなら、バイナリーオプションよりも

他の投資の方が堅実に稼ぐ事ができるからです。

 

 

限られた時間の中で、稼ぐ事ができるもの

そして、リスクの少ないものなどを加味すると

投資としてバイナリーオプションを選ぶのは、少々危険なんですよね。

 

 

その事については、またの機会にお伝えしていきます。

 

 

 

バイナリーオプションとは?

 

そもそもバイナリーオプションがどういったものか?

その説明を済ませなければ、これから話していく内容が少々理解し難くなります。

 

 

ですので、まずは

 

 

『バイナリーオプションとはなんぞや?』

 

 

という基本的な事から解説していきます。

 

 

ある番組で武井壮さんが

バイナリーオプションを実践し、話題になっていましたね。

 

バイナリー

 

 

バイナリーオプションとは

為替金融商品の一種であり、FX(外国為替証拠金取引)などと同じく

為替レートが「上がるか」「下がるか」を予測し

その後の値動きによって損失か利益が確定する、為替取引です。

 

 

ただ、バイナリーオプションがFXと大きく違う点は

現在の為替レートが、予め決められた一定の時間が経った後より

「高いか」、「低いか」を予想します。

 

 

もっと身近なもので説明すると

“トランプのハイ&ロー”でしょうか。

 

ハイ&ロー

 

トランプのハイ&ローは

次のカードが、現在、場に出ている数字よりも

上なのか?下なのか?

 

 

それを、「二者択一」で選ぶことになります。

 

 

上記のトランプの場合ですと数字は「4」ですので

次のカードが「4」より上か、下かを予想します。

 

 

バイナリーオプションはトランプで言うところの

“数字”が”通貨”に変わったものです。

 

 

例えば、

 

 

現在の為替レートが1ドル=100円だとして、10分後に

1ドル=100円より「上がっている」と予想すれば、HIGH(ハイ)を選択

1ドル=100円より「下がっている」と予想すれば、LOW(ロー)を選択

 

 

と、どちらかを二者択一で選んで

HIGH(ハイ)かLOW(ロー)にお金を掛けて行う投資法です。

 

 

実際に、

1ドル=100円より「上がっている」と予想し、HIGH(ハイ)に10000円を掛けて

10分後に1ドル=100円より「上がれば」、掛けた金額の

おおよそ1.5~1.9倍のお金がペイアウトされます。

 

 

つまり、「上がる」という予想が当たれば

15000~19000円がペイアウトされるという事です。

 

 

投資額が10000円なので、”5000円~9000円の勝ち”になりますね。

 

 

逆に、「下がってしまった」場合には

掛けた金額は全額没収され、原資は無くなってしまいます。

 

 

二者択一という

確率だけの視点で見ると勝率は50%です。

 

 

50%は半々の確率なので「運」の要素がプラスされれば

何とか勝てそうな気もしますが、実際に勝とうと思うと、かなり難しいです。

 

 

なぜなら、

投資した金額に対してペイアウトされるのは「1.5倍~1.9倍」だからです。

 

 

これはバイナリーオプションの業者によって変動しますが

もし、ペイアウト率が1.5倍の業者ですと10000円を掛けて、予想が的中すれば

15000円がペイアウトされます。

 

つまり、

15000円(ペイアウト)-10000円(投資額)=5000円(勝った金額)

 

 

となり、手元には当初よりも5000円増えた

15000円を所持することに状態になります。

 

 

例として、

この条件のまま、10000円を二倍の金額である20000円に増やすまでの

シミュレーションをしてみます。

 

 

まず、1回目の取引で

二者択一の確率50%が当たった。(5000円のプラス)

同じく、2回目の取引を行い、

また、二者択一の確率50%が当たった。(合計で10000円のプラス)

 

 

これで投資額10000円というお金が20000円に増えるのが

お分かり頂けるかと思います。

 

 

しかし、10000円のプラスつまり2回連続で予想を当てれる確率は

「二者択一の50%を2回連続で当てること」になりますので

 

 

50%(二分の一)×50%(二分の一)=25%(四分の一)

 

 

という計算になります。

 

 

では、

負けるときはどうでしょうか?

 

 

10000円を掛けて、二者択一の50%が外れれば

その時点で投資したお金は没収されます。

 

 

少し言い方を変えれば

 

 

50%(二分の一)の確率で10000円のマイナスになる

 

 

という事です。

 

 

つまり、

10000円の「プラス」にできる確率は25%なのに対し

10000円の「マイナス」になる確率は50%だという事。

同じ10000円であっても「プラス」か「マイナス」によって、その確率は大きく変わってしまいます。

 

 

“確率”は回数を重ねれば重ねるほど収束していき

より正確な数値へと変化していきますので、やればやるほど「マイナス」になるのは

お分かりいただけるかと思います。

 

 

普通にやっていれば高確率で「負けていく」ってことです。

 

 

 

投資家から見る、バイナリーオプションの可能性

 

「バイナリーオプション」とネットで検索すると

 

 

多くのブログやサイトが

バイナリー業者の比較をしていたり、おすすめの業者などを紹介しています。

 

 

業者の良し悪しを言い出すと数が多く、キリがないので

ここではお話しませんが

 

 

どの業者であれ

バイナリーオプションをやる事はおすすめしません。

 

 

『投資の初心者こそ

バイナリーオプションをやるべきだ』

 

 

と言っているようなブログやサイトも見かけますが

その理由の根拠とといえば

 

 

『上がるか、下がるか、どちらかを選ぶだけで簡単だから。』

 

 

という、少し「ズレた理由」が述べられているのがほとんどです。

 

 

ハッキリ言って

上がるか、下がるかを予想するならFXも同じです。

 

 

ですが、バイナリーオプションは

「上がるか、下がるかを予想することしかできない投資」であり

トレードの”自由性”が保たれていません。

 

 

トレードを優位に進める為には損切り(ロスカット)や利食いといった

「損益の結果を可変させる要素」が必要であり

 

 

それが上手くできるか、できないかで

トレードの戦績は大きく変わってくるものです。

 

 

そういったトレードの”自由性”が

バイナリーオプションにはありませんので

もうそこは、「収束していく確率」に従うしかなく

やればやるほどマイナスになって負けていきます。

 

 

要はバイナリーオプションは

パチンコや競馬などのギャンブルと同じもので

どう足掻いても、胴元が儲かる仕組みになっているわけです。

 

 

これこそが私がバイナリーオプションをおすすめできない一番の要因です。

まあ勝てる確率が極端に低いってことですね。

 

 

金融庁に無登録のバイナリーオプション業者について

 

正直な話、有名な海外のバイナリーオプション業者は

そのほとんどが金融庁に無登録です。

バイナリーオプションの業者は国内と海外と2通りの種類があり

海外業者は、基本的に金融庁に無登録、つまり許可を取っていません。

 

 

『許可を取っていない無登録の業者だから危険』

 

 

といったような書き込みをよく見かけますが

 

 

金融庁に無登録だから危険

というには少し解釈の仕方が違います。

 

 

なぜ、海外業者は金融庁に無登録なのか?

そこを知ればこの問題については解決します。

 

 

日本国内のバイナリーオプションなどに関わる投資の法律では

金融商品を取り扱う場合、必ず金融庁に許可を得なければなりません。

 

 

しかし、海外のバイナリーオプション業者は

あくまでも海外のルールに則って運営されており、その方針や考え方も

日本とはまるっきり違うわけです。

 

 

海外の場合は

バイナリーオプションは金融商品ではない。

という考え方ですので

 

 

金融商品でなければ金融庁に許可を得る必要はない

だから無登録で運営しているんだ。

 

 

ということなんですね。

 

 

実際に海外の業者が金融庁に登録するとなると

取引においても全て日本の法律が適用されますので

60秒後のハイ&ローを予測する短期取引や、高いペイアウト率の設定が

できなくなってしまいます。

 

 

そうなれば当然

海外のバイナリーオプション業者も困りますから

現状としては、金融庁に無登録で日本で出資者を募っているわけですね。

 

 

ですが、

中には無登録であるのをいいことに

悪質な行為をする業者が存在する事も事実です。

 

 

何かと文句をつけて、口座のお金が出金できなかったり

トレードの戦績が不正に操作されたりなど。

 

 

こうした事態が、実際に

無登録の海外バイナリーオプション業者で頻繁に起こっているから

海外バイナリーオプション業者は危険だと言われてしまうんですね。

 

 

もちろん、全ての海外のバイナリーオプション業者が危険ではなく

中には真面目に運営されている業者も存在しています。

 

 

 

バイナリーオプションの総括として

 

「投資」としてバイナリーオプションを選択するべきではありません。

 

 

胴元が儲かる仕組みですので

余程の知識やスキルがなければバイナリーオプションでは勝ち続けることは難しいです。

 

 

これはツールや自動売買を使っても同じこと。

急な相場の動きに、今のツールや自動売買ソフトが付いていくことはできませんから。

 

 

セールスレターに書かれた内容を鵜呑みにせず

バイナリーオプションには下手に手を出さないようにしてください。

 

 

それではまた。

 





【追伸】


私はこのブログにて主に


・ネットビジネスにまつわる情報
・ネットビジネスで稼ぐための戦略
・投資に関する情報



を発信しております。


ただ、上記の情報だけでは
足りない点や、もっと深く聞きたい点などが
あるかもしれません。


そういった事があれば
個人的にコンサルする事やアドバイスも可能ですので
お問い合わせからご連絡頂ければと思います。
>天野義仁に問い合わせる


お気軽にお問い合わせ下さい。



↓天野義仁、イチ押しの商材


PCに張り付く必要なし!
【全自動】で資金が増える自動売買システム
>【全自動】バイナリー自動売買システムのご案内


手間を掛けることなく
自動でもう一つのキャッシュポイントを作り出すツール
>神龍ACB(オートコンテンツビルダー)


著作権ギリギリのラインで
圧倒的な再生回数を叩き出すノウハウ
>エビルユーチューバー


YouTubeで最も売りやすいのは
YouTube商材?そのノウハウを凝縮させた
>Giga Tube(ギガチューブ)


facebookで稼ぐ鍵である「いいね!」
その「いいね!」を増やすツールとノウハウが詰め込まれた
>フェイスブック収入プロジェクト(FIPツール)


※全ての商材に特典が付いております。



コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

天野義仁


アフィリエイターと整体師、投資家として活動し、ひとりコングロマリット(複業)を実現する 天野義仁のブログです。

『コングロマリットってなに?
ってゆうか、何やってる人?』

など、気になることは下記のプロフィールからご参照下さい!

>詳しいプロフィールはこちら

PCに張り付く必要なし!【全自動】で資金が増える自動売買システム

※要注目!!
売れ行き次第では先行者利益確保の為、販売中止の恐れアリ


バイナリー自動売買システム

バイナリー自動売買システム

このシステムはガチで「ヤバイ」ですw
PCは完全放置、寝ていても遊んでいても口座残高が増えていきます
>詳しい内容はこちら

ネットビジネス「超」入門講座

nyuumonnkouza.png

最近のコメント

    このページの先頭へ