ネットビジネスで稼ぐための全体像と一般論。やはり「集客⇒教育⇒販売」が有効です。

 

天野です。

 

 

視聴者から頂く質問で一番多く、さらに回答に困るのが

 

 

『どうすればネットビジネスで稼げるか?』

 

 

なんですよね(笑)

 

 

実際に、「どうすればネットビジネスで稼げるか」を疑問に思う人が多く

その方法・理論や「正解」が明確ではないからこそ出てくる事項です。

 

 

ですが、ネットビジネスで稼ぐことは

その人の環境や状況、生活レベルなど

色々な要素を考慮しなければなりませんから、

単純に「これとこれ」をやれば稼げます、とは言い切れないですよね。

 

 

しかし、

私自身がこうしてネットビジネスで稼いでコンサルしたり

誰かに指導する立場上、上記の様な、回答に難しい質問が出たとしても

的確に答える必要があります。

 

 

そこで今回は

ネットビジネスで稼ぐための全体像や一般論について

お伝えしていこうかと思います。

 

 

「集客⇒教育⇒販売」を理解すること

 

ネットビジネスで稼ぐ為に一般的には

 

 

「集客⇒教育⇒販売」

 

 

というステップを踏む手法が有効だと言われています。

つまり、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)ですね。

 

 

これを完全にマスターすれば

ネットビジネスでは億単位のお金さえ稼げてしまうほどです。

 

 

私がこちらのブログで批評レビューしている

無料オファーなども「集客⇒教育⇒販売」のステップを踏んで

高額塾や高額なツールを販売しているものが多いです。

(批評レビューする大半が詐欺的なものばかりですが…)

 

 

まあネットビジネスは

「集客⇒教育⇒販売」が根本的な考え方であり

それを軸にして

 

 

サイトやブログの運営、SNS媒体の構築、コピーライティング(文章構成)

 

 

をしていきます。

 

 

ですから、

『ネットビジネスで稼ぐためにはどうすればいいのか?』

と質問されれば、「集客⇒教育⇒販売」を理解して、それに基づいて実践するべき

というのが一般的な回答です。

 

 

実際このステップを落とし込むことで

莫大な利益を生み出せますから、しっかりと理解するに越した事はないです。

 

 

ですが、この「集客⇒教育⇒販売」のステップを

よく理解もせず、実践してしまう人が多いのが現状です。

 

 

どういう事かと言いますと、

 

 

ただ単に、漠然とアクセスを集めて「集客」をし

何となくユーザーの為になる文章を書いて「教育」をし

それとない商品やサービスを「販売」する

 

 

という漠然としたイメージでしか考えれていないわけです。

 

 

当然、、漠然としたイメージだけでは

「集客⇒教育⇒販売」に応用を効かせる事ができませんし

理解しれきれないまま実践することで思ったような結果にはならず

結局は稼げない、ってことですね。

 

 

ですので、この「集客⇒教育⇒販売」を今一度見直し

キチンと考える必要があります。

 

 

「集客」の考え方

 

まず最初は「集客」の考え方からですね。

 

 

あなたがサイトやブログを作成した際に、まず考える事は

「どうやって多くのユーザーからのアクセスを見込むか?」だと思います。

 

 

サイトやブログで商品をアフィリエイトしても

アクセスが無ければ売れる事はありませんからね。

まずは「集客」でアクセスアップを図ることが重要です。

 

 

事実、「集客」ができないから

ネットビジネスを止める人が大勢いるくらいですからね。

 

 

で、その事実を知って

『とりあえず何でもいいからアクセスを集めよう』と思ったあなたは

ここで「大きな落とし穴」に嵌ってしまいます。

 

 

なぜなら「集客」とは

 

 

ただ単にアクセスを集めることではなく

「見込み客」を集めることだからです。

 

 

仮に大量にアクセスを集めたところで

あなたがサイトやブログで伝える内容に共感してもらえなければ

それは、意味のないアクセスです。

 

 

・あなたのブログの内容に共感し

 

・あなたのアフィリエイトする商品を購入してくれる

 

 

そんな「見込み客」と呼べる

ユーザーからのアクセスを集めなければダメなんですよね。

 

 

実際に、トラフィックエクスチェンジ

(サイトを紹介し合うことでアクセスアップを図るシステム)

 

などでアクセスを集めても

そのアクセスは見込みの”薄い”アクセスですから、大量に集めても意味が無いです。

 

 

検索エンジン経由で訪れるユーザーのアクセスにしても

キーワード選定を間違えれば、「見込み客」と言えるユーザーは「集客」できません。

 

 

トラフィックエクスチェンジにしても検索エンジンにしても

大量にアクセスを集めたところで「見込み客」でなければ「集客」ができた

とは言えないわけですね。

 

 

ですから、無駄なアクセスを集めるより

最初から「見込み客」を集める事だけに的を絞った「集客法」を実践していく事が

少ないアクセスでも結果を出せる、効率的な手段だと言えます。

 

 

「見込み客」を集める為にSNSであれば

 

 

・属性を絞ったプロフィール

 

・属性を絞った内容の投稿

 

・属性を絞ったユーザーのフォロー

 

 

など、ある程度属性を絞りながら

アカウントを構築する必要があります。

 

 

下記の記事が参考になりますので

合わせてご覧ください。

 

>ツイッターで稼ぐための「ポイント」と理解しておくべき「要素」とは?

 

 

検索エンジン経由で「見込み客」を集める場合は

『ユーザーが何を求めて、どんな解決策を望んでいるのか?』

それを理解した上でキーワードを選定し「見込み客」を集める工夫が必要です。

 

 

「集客」は

大量にアクセスを集めることではなく、

属性を絞り「見込み客」を狙うこと

 

 

だと覚えていて下さい。

 

 

さらに「集客」はこれだけでなく、他にも重要なポイントがあります。

 

 

同じ「見込み客」であっても様々なタイプがあり

 

・あなたの紹介する商品に興味のある人

 

・商品には興味はないが、あなた自身に興味のある人

 

・あなたの発信する”情報”に興味のある人

 

など

あらゆるタイプの「見込み客」が存在します。

 

 

その中で、自分が発信する情報にマッチする商品や

考え方を提案できるものを求めるユーザーを「集客」する必要があり

時には、「教育」することでユーザーのタイプを変化させていくことも大切です。

 

 

「見込み客」と言っても、その人それぞれで

経歴や経験、現在置かれている状況は違いますし、お財布事情も違います。

 

 

それらを踏まえた上で

ユーザーを「集客」して「教育」しなくてはなりません。

 

 

そうでなければ

中途半端なアクセスを集めてしまい

中途半端な教育しかできず

中途半端な結果しか生み出せななくなりますからね。

 

 

「集客」ではターゲットを絞る。

 

「見込み客」のタイプの中でも

あなたの紹介する商品を買ってくれる、購買意欲の高いユーザーを「集客」をすれば結果が出やすい。

 

 

その為に「集客」では「見込み客」のターゲットを絞っていきます。

 

 

そもそも、ユーザーはあなたの付けた記事タイトルや

文章構成、表現、その思いや内容に共感して、あなたの元に訪れます。

 

 

ですから、その人が共感できるように

 

 

『これはまさしく、俺(私)の事だ!』

 

 

と共感してもらえるような

タイトルや表現を使う必要があります。

 

 

例えば、ブログのタイトルが

 

 

「月収100万円稼ぐブログ」

 

 

よりも

 

 

「高卒の低学歴でも半年で月収100万円稼いだネットビジネスブログ」

 

 

というように表現した方が

高卒や低学歴をコンプレックスに思っている層に親近感を持ってもらい、

半年という早い期間で稼ぎたい人にもアプローチすることができます。

 

 

このような”共感”を狙ったターゲット戦略は

非常に有効で、やり方次第ではいくらでも自分の属性に合うユーザーを

「集客」していくことが可能になります。

 

 

 

属性を絞り、ターゲットを絞って「集客」する。

 

 

これができなければ

いくら大量にアクセスを集めようと無駄になり、稼げない原因となります。

 

 

「教育」の考え方

 

実際にユーザーを集客できたら

次はユーザーに商品やサービスを購入してもらうため「教育」をする必要がありますね。

 

 

「教育」にもいくつかの考え方があり

 

 

・ユーザーに知識や情報を与える、という教育

 

・自分の売りたいものを価値があるように感じてもらう教育

 

・自分という人格にファンになってもらうための教育

 

 

と、様々な教育があります。

 

 

しかし、ただ単に役立つ情報だけを配信し

ホントに漠然と「教育すればいんでしょ」という態度だと

教育不足になったり、思ったような教育ができない原因になります。

 

 

ですから、もう少し具体的に

 

 

ユーザーがどう悩んでいるのか?

その悩みを解決するにはどういった手段を取ればいいのか?

 

 

という事を明確にして

踏み込んだ「教育法」を選択する必要があります。

 

 

ネットビジネスにおける「教育」は

記事で行うこともあれば、メルマガ、ツイッター、Facebook、動画など

多肢に渡りますが

 

 

「教育」する場合も一気に全て教育するのではなく

徐々に教育する内容のレベルを高めていき、より詳しい内容を教えていくべきです。

 

 

 

 

ちなみにDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)が

有効だといわれる所以は、「集客⇒教育⇒販売」を大衆に向けてではなく

あくまでも個人「1対1」で関係性を築くことができるからです。

 

 

これはユーザーに対して安心感を与えることができ

その人に”オンリーワン”であることを感じさせることができます。

 

 

また、メルマガやメールでのやり取りであれば

その人個人の「名前」で呼びかける事も可能ですし

個別で連絡を取り合って、具体性や方向性を示してあげる事もできます。

 

 

「教育」というものを今一度真剣に考えて

ユーザーのためになにができるかを、しっかり落とし込んで下さい。

 

 

「販売」の考え方

 

「販売」についてですが

これについても、ただ単に商品やサービスを紹介して「はい終わり」ではダメです。

 

 

販売の仕方や売り込み方

そして、ユーザーの事も真剣に考えて「販売」を行う必要があります。

 

>今の時代に求められるアフィリエイトとは?

 

 

こちらでも述べているように、セールススキルを身に付けて

『なぜ購入するべきなのか?』『メリット、魅力は何なのか?』

を突き詰め、それを分かりやすく説明する「コピーライティング」が必要不可欠です。

 

 

もちろんコピーライティングだけでなく

 

・販売する期間が「長期」か「短期」か

 

・「高額」な商品か「安価」な商品か

 

など「販売」における”戦略”も大切です。

 

 

ただ、まあ高額な商品を一発だけ売る、というような販売戦略よりも

例え安価でも継続して売れる商品を売り続けることが「販売」では大事ですね。

 

 

その場限りで単発で売るのではなく

継続してまた紹介する商品を買ってもらえるように「販売」していく。

 

 

そこを意識して取り組んでいくべきです。

 

 

「集客⇒教育⇒販売」を理解して実践する

 

ここまで「集客⇒教育⇒販売」の流れと考え方を

一通りお伝えしてきました。

 

 

『どうすればネットビジネスで稼げるか?』

 

 

を聞かれれば以上のような

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)を理解して

「集客⇒教育⇒販売」の考え方を実践していく必要があります。

 

 

実際のところこの部分を極めていかなければ

継続してネットビジネスでは稼いでいけませんし、結果を残し続ける事はできません。

 

 

まあ決して稼ぎ続ける事が不可能ではないんですが

冒頭でもお伝えした通り、DRMは億単位を稼ぎ出す強力な手法です。

しかも、様々なSNSや媒体がどんどん出現する現代においても、もっとも収益性の高い手法です。

つまり、大きく稼ぐことができるわけですね。

 

 

難しく感じるかもしれませんが、これは何も特別なことではなく

訓練すれば誰でも習得可能で身に付ける事ができます。

 

 

にも拘わらず、勝手に難しいと思い込み

やる前から挑戦する事を恐れ「やらない」でいると

いつまで経っても稼げません。

 

 

稼げない理由をいつまでもダラダラと垂れるのではなく

今一度行動を起こして挑戦していきましょう。

 

 

その為のサポートやアドバイスは

私がさせて頂きますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

 

それではまた。

 

 





【追伸】


私はこのブログにて主に


・ネットビジネスにまつわる情報
・ネットビジネスで稼ぐための戦略
・投資に関する情報



を発信しております。


ただ、上記の情報だけでは
足りない点や、もっと深く聞きたい点などが
あるかもしれません。


そういった事があれば
個人的にコンサルする事やアドバイスも可能ですので
お問い合わせからご連絡頂ければと思います。
>天野義仁に問い合わせる


お気軽にお問い合わせ下さい。



↓天野義仁、イチ押しの商材


PCに張り付く必要なし!
【全自動】で資金が増える自動売買システム
>【全自動】バイナリー自動売買システムのご案内


手間を掛けることなく
自動でもう一つのキャッシュポイントを作り出すツール
>神龍ACB(オートコンテンツビルダー)


著作権ギリギリのラインで
圧倒的な再生回数を叩き出すノウハウ
>エビルユーチューバー


YouTubeで最も売りやすいのは
YouTube商材?そのノウハウを凝縮させた
>Giga Tube(ギガチューブ)


facebookで稼ぐ鍵である「いいね!」
その「いいね!」を増やすツールとノウハウが詰め込まれた
>フェイスブック収入プロジェクト(FIPツール)


※全ての商材に特典が付いております。



コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

天野義仁


アフィリエイターと整体師、投資家として活動し、ひとりコングロマリット(複業)を実現する 天野義仁のブログです。

『コングロマリットってなに?
ってゆうか、何やってる人?』

など、気になることは下記のプロフィールからご参照下さい!

>詳しいプロフィールはこちら

PCに張り付く必要なし!【全自動】で資金が増える自動売買システム

※要注目!!
売れ行き次第では先行者利益確保の為、販売中止の恐れアリ


バイナリー自動売買システム

バイナリー自動売買システム

このシステムはガチで「ヤバイ」ですw
PCは完全放置、寝ていても遊んでいても口座残高が増えていきます
>詳しい内容はこちら

ネットビジネス「超」入門講座

nyuumonnkouza.png

最近のコメント

    このページの先頭へ